美しい肌作りの基本|ハイドロキノンが潤いの源になる

保湿力を高める業

鏡を見る婦人

肌を美しくする為には保湿することです。肌に潤いが足りなくなると、たちまち肌のキメがどんどん崩れ、たるみや大顔、乾燥からの肌トラブルに見舞われる可能性があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を取り入れることは大事ですが、それに伴ってビタミンc誘導体も取り入れてみましょう。何とビタミンc誘導体は、保湿成分を肌内部にまで送り込む働きがあり、高い保湿力を求めることができます。
キメが崩れてきた乾燥肌にも潤いをしっかり与えてくれるでしょう。スキンケア時に効果を高めるなら、ホットタオルを顔にのせた後にクレンジングし、化粧水を含んだコットンパックを2〜3分行なうことです。ホットタオルの温かさが毛穴を開くので、しっかり余分な皮脂汚れが取り除かれます。そこへビタミンc誘導体を含む化粧水をコットンパックすることで十分な保湿効果を期待できるのです。年々、肌の乾燥状態が悪化しているという人は普段使っている化粧品を見直して、保湿効果の高いビタミンc誘導体を含むものを選ぶようにしましょう。年齢に適した化粧品選びをすることが何より大切なのです。コラーゲンやヒアルロン酸は加齢と共に減少するので、外から補うしか方法はないのです。
もちろん食べ物からも摂取できますが、確かな保湿効果を実感する為にはそれ相当な量を要することになるでしょう。化粧品でのスキンケアなら、食材を揃える手間もなければ調理する時間を掛けることもありません。